愛しみの上限

かなしみのじょうげん

歯のはなし

 最初に言っておくが、この記事には刀剣男士の真剣必殺や、サーヴァントの立ち絵などが掲載されている。ネタバレに注意されたし。

 

 

 気付いたらもう24日だった。ここは東京、私の実家は福島県(主人は東京の人)なので、年末は実家に帰省するという行事がある。

 驚くことに、今日まで毎日、それこそ朝から晩までFGOしかやって来なかった。FGOのことしか考えておらず、年末への意識が低すぎたせいで、冷蔵庫の中には、先日JA(ドイツでいうところのYESではない)で買った詰め放題のジャガイモとタマネギが、ほとんど消費されないままそれぞれ8個ずつ残っている。

 私はあの詰め放題のとき、どうせ2人だしそんなに食べられないと思い、控えめに詰めたつもりだったが、横から知らない、店員でもない翁が、私の袋にポイポイと勝手にジャガイモやタマネギを放り込むので、図らずもいっぱい買ってしまった。

 マジでやめてくれという意思表示のために「こんなに食べられないや」と申し上げたら「ハハハ」と言って去っていったので、多分そんなに害なき妖怪のたぐいだったのだろう。「ハハハ」と反応した点から、人語を理解していたと考えられるので、恐らく雑魚ではなく高等妖怪だ。ぬらりひょんとかそういうヤツだと思う。

 

 さて、私の年末に対しての意識が低すぎるばかりに、ジャガイモタマネギ詰め放題の話に10行も使ってしまった(入力画面でのカウント)が、改めて、現在6章9節、43,000玉の余だぞ!

 日本号までもう少しだ!太陽の輝きをもって!(ブレス)お前を焼き尽くそう!(ブレス)今、ここで!!!!!フフ……フハハハハハハハハ!!!!!!!!!!!!

 

 この記事を書いている経緯だが、FGOを始めて2週間あまり経った昨今、12/25まで開催のFGOイベントが終了するまでに、何とかイベントに参加するべく頑張っていたところ(7章ぐらいまで終わってないと参加できない)、6章で出てくるファラオがあまりにかっこよすぎて圧倒的ペースダウンをしている。ストーリーを一字一句漏らさずすべて読んでいる。

 ファラオの見識の高さと好みすぎる顔と肉体に見惚れている内に、なんかもう多分イベント終了までに間に合わない雰囲気が出てきたので、諦めてこれを書いている。

 ♡新宿のアサシンさん♡はまだ出ていない。クリスマスプレゼントに♡新宿のアサシンさん♡が欲しかった。

 本丸でもカルデアでも、こんなにも美男美女に囲まれた生活を送っているというのに、さらに♡新宿のアサシンさん♡が欲しいなどと、流石に強欲が過ぎるかも知れない。もっと欲を言えば、絶対に無理だと思うがクー・フーリン・オルタも欲しい。

 今日のログインボーナスで貰った呼符と聖晶石10個では、「不夜城のアサシン」という可愛い子が出た。嬉しい。しかしアサシンちがいである。「不夜城」を「新宿」にするだけで願いが叶ったのに、この3文字があまりに違い過ぎた。強欲な悪い子にはサンタは来ない。来てくれているのは、最高のフレンドの「ジャンヌ・オルタ・サンタ・リリィ」と、「アルトリア・ペンドラゴン[サンタオルタ]」ぐらいだ。まじで可愛い。論理的です!ロジカルです!なるほど!トナカイに乗る!!!!!!!

 

 話は戻るが、今回書きたいのは「」についてだ。話題としては、年末年始もクリスマスも関係なく、何を血迷ったのかと思うだろうが、もう胸がはち切れそうなので書く(胸はない)。

 

 ちなみに上に書いた「(ドイツでいうところのYESではない)」というのは、すごく分かりにくいと思うが「私は『ヘタリア』も嗜んでいますよ」というささやかな意思表明として受け取ってやって欲しい。私はスペイン領所属だ。今度香水を買いに銀座に行く。見えない推しの幻影を探しにザギンに行くのだ。最高。超絶楽しそう!アイラブ・ふそそそ~

 

 【フェチ】

 先に「フェチ」の話をする。

 「フェチ」というものは、正直よく分からない。「フェチ」の話になった場合によく挙げられる「男性の鎖骨」「男性の手」「男性の背中」「男性のにおい」などは、大体の女性が性的魅力を感じる傾向にあるようで、もちろん私もその例に漏れず、好きな人のそれらを好ましく思う。だから、それは特別「フェチ」というまでもないことなのだ。言うなれば女の「本能」だ。

 女性は遺伝子が遠い異性を本能的に嗅ぎ分けるという。これは種の全滅を防ぐためといわれるが、正確な出典は忘れたから、もしかしたら都市伝説とかかも知れない。

 しかし考えてみれば、鎖骨や手・背中というのは、特に汗をかきやすいパーツである。要するに大体の女は「好きな人のにおいが好き」という訳だ。逆に言えば「においが好きだからその人が好き」なのかも知れない。

 つまりそうなのだ。そんなことは当たり前なのだ。だからザギンに推しのにおいを求めて繰り出すのだ。当たり前のことは、特別「フェチ」というまでもなく、「みんなそう」なのだ。

 

 だから私は、「何フェチですか」と聞かれたときに、当然の如く魅力を感じているそれらには言及しない。「みんなそう」なものを敢えてすっ飛ばして、私はこう答えている。「歯です」と。

 

 【歯フェチ】

 私は怒(いか)っているのだ。三次元で「フェチ」について聞いてくる奴は、男女問わず、「フェチ」について他人に聞く心構えが足りない。私が「歯フェチです」というと、大抵はそこそこ引かれる。自分で聞いておいて引くとは失礼である。

 既に友人関係にある優しくもユーモラスで理解のある令嬢たちは、引かないで、「その心は?」といった調子でちゃんと私の話を聞いてくれるが、それ以外の「なにフェチか」を聞いてくるタイプの人間は、あまり深く考えないまま、それを問うてくる。鎖骨とか手とか、そういう無難な感じの反応を予想しているのだろう。

 まあ分かる。日常生活でいきなり「鎖骨」「手」「背中」フェチ以外の存在を耳にする機会を想定するかというと、無いかも知れない。「においフェチ」とかでようやく、◯◯ちゃんヘンタイだね!というイジりが出来るかどうかぐらいだろう。そして彼らの多くには、想定外のことに瞬時に対応出来る度量はない。

 しかし私は貴様を信用し、自分の信念に基づき真面目に答えてやっているのだ。「歯フェチ」だと。もっと言うなら「下の歯フェチ」だと。そこは何とかして話を広げるか、よりディープな路線に持っていくよう努力するところだろう。

 せめて愛想笑いぐらいしろ。なに普通に引いてんだよテメェ。もう怒った!絶望による死を赦す!!!!!!!!!!!!!

 

 

【歯の供給】

 熱くなってしまったが、三次元では往々にして上記のようなことが起こりがちだ。これだから三次元は。

  大昔に、テレビで戸田恵梨香が「男性の耳の後ろのにおいフェチ」を自称・告白し、楽し恥ずかしそうに笑っていた。私はむしろフェチについて語り、一人で異常に盛り上がっている戸田恵梨香の口元に興奮した。戸田恵梨香ぐらい可愛かったら話は別なのだが、私が戸田恵梨香ではないばかりに、ちょっと変なフェチを告白すると、普通に引かれてしまう。

 しかし二次元に生活の主軸を置く人々の中では、「歯フェチ下の歯フェチ」はそう珍しいものでもないと思う。

 いっぽうで、何故か二次元世界においても、描く歯に力を入れている人が多いかというと、恐らくそうでもない。

 

 ここで二次元代表として『刀剣乱舞』の立ち絵を例に、歯の供給を数えてみよう。

 まず歯が見えている刀剣男士は以下だ。刀派ごとに分ける。なお、私は今気付いたのだが、髭切膝丸に該当する刀派は存在しないようなので、念のためここに記しておく。

 

【三条】→2振(小狐丸・岩融

【三池】→1振(ソハヤノツルキ)

【青江】→0振(数珠丸恒次はいないので、見えていたとしたらカウントできず申し訳ない)

【粟田口】→3振(博多藤四郎・五虎退・包丁藤四郎※包丁藤四郎は極含む)

古備前】→1振(大包平

【来】→1振(愛染国俊※極含む)

【村正】→1振(千子村正

貞宗】→3振(物吉貞宗※極のみ・太鼓鐘貞宗・亀甲貞宗

【長船】→0振(縁が無過ぎて燭台切光忠大般若長光しかいない。正確でなく申し訳ない)

左文字】→1振(宗三左文字

兼定】→0振

【堀川】→1振(山伏国広)

虎徹(?含む)】→1振(浦島虎徹※極含む)

【その他】→4振(大和守安定・陸奥守吉行・獅子王・巴形薙刀

 

 以上、合計19振。19/91振だ。1/4にも満たない。下の歯どころか、歯が見えているかどうかを数えただけですら、上記のように圧倒的供給不足だ。こんなにも(個人的な)需要があるにも関わらずだ。

 上記は刀帳の立ち絵(1枚目)に限定したため、より少なく見える結果となったが、1枚目に限定しなくとも、私がふぇぇ……最高しゅぎゆ……と涙を流すレベルの下の歯を持っているのは、真剣必殺の時の三日月宗近と、立ち絵の小狐丸ぐらいだ(沙汰先生ありがとうございます最高です!!!)。

 これぐらいの口の開け具合で、下の歯が見えていて欲しいのだ。

 

f:id:kyonyuhantai:20171224115447p:plain

真剣必殺時の三日月宗近

 

f:id:kyonyuhantai:20171224115156p:plain

立ち絵(1枚目)の小狐丸

 

 ちなみに、真剣必殺時の獅子王もなかなかに良い。少々意趣が変わるが、同じく真剣必殺時の加州清光や後藤藤四郎も、大きなお口を開けているから見えてしまっている下の歯が可愛い。 

 

 念のため言うが、特別美しい種類の芸能人とかですらない三次元男性の下の歯には、別段興味がない。だから三次元でフェチを聞いてくる奴の歯になど興味はないのだ。デリケートな話題かも知れないのでふわっと触れるぐらいにしておくが、ゲイやレズをカミングアウトして、同性に引かれるという状況と同じような心理が働いている気がする。自意識過剰野郎は滅びよ。ファラオに刃向かう愚か者めがッ!

 

 しかし私はこの、ひとつのゲームにおける、下の歯の供給が極限にまで薄い状況を、普通なのだと思っていた。普通というか、こういうものなのだなと思い、溜飲を下げていた。何しろゲームはとうらぶしかやったことがなかったからだ。

 

 でもFGOは違った。

 

 【下の歯祭り】

 FGOはすごい。本当に驚く。絵が何枚も用意されているので、大体のサーヴァントに、口を開けている絵がある。

 取り急ぎメインストーリーからのスクショなどを撮り貯めたので見て欲しい。

 

f:id:kyonyuhantai:20171224131159j:plain

ドレイクさん、モードレッドさん、アンデルセン、ビリー

f:id:kyonyuhantai:20171224131207j:plain

ロビンフットさん、クー・フーリン・オルタさん

 

 すごくないですかこれ!?!?!?

 

 みんな下の歯が見えるの!!!!!!!ロビンフットさんとかイケメン過ぎて白目むく!!!!!!!!!!!!クー・フーリン・オルタさんもかっこよすぎて目も合わせられない!!!!!!!!!!!

 まさに下の歯祭りや!!!!!!!!!

 

 ファラオに至ってはもう顔から髪型から首元から胸から何から本当にさいこう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 しかも基本的にほとんど口開いてる……最高……だいすき……毎日眺めたい……かっこいい……つらい……。

f:id:kyonyuhantai:20171224131213j:plain

ファラオ オジマンディアスさん

※どうでも良いと思うが、持ってるサーヴァントを呼び捨てで、持っていないサーヴァントをさん付けで呼んでいる。

 【下の歯の素晴らしさ】

 多分これを読んでいる皆さんは、私がこの記事でアップした数少ない画像で既に、下の歯の魅力に取り憑かれていることと思う。致し方ない。当然だ。素晴らしきかな下の歯。下の歯フェチになって然るべきだ。なにしろ最高なのだから。下の歯は。特にFGOのそれは。

 しかし、如何せん私はまだ6章9節なのだ。俺たちの戦いはこれからだ!なのだ。

 進度としては、まだ、ガウェインさんに途中で許して貰って、その後一回倒して、ガウェインさんが王にぶっ飛ばされて、ダ・ヴィンチちゃんが……。そしてハサンたちの協力を得て玄奘三蔵を助け、さらに俵藤太を解放した辺りなので、きっと今後もファラオの美しいお顔や肉体を拝めるのだと思うが、私が危惧しているのはその後の7章だ。

 どうやらギルガメッシュが出て来る(これ色見えてる?)。

 

 ギルガメッシュはキャスターのを持っている。もうかなり好きだ。先日「マイルーム」でお気に入りを設定できると知り、即ギルガメッシュにした。戦闘では、よく子ギル・ギルガメッシュ(キャスター)・フレンドのギルガメッシュとかの編成で、全部ギルくんみたいにして喜んでいる。

 何が好きってカラダが好き。ファラオもそうだが、FGOには、肉付きがちょうど良い感じで、体つきがよく分かるような服を着ている(もしくは服を着ていない)サーヴァントが多過ぎて、「顔が好き」「声が好き」以外に新たに「カラダが好き」という状況が生まれている。

 カラダが好きって流石に最低な気がしており、自分でも少し落ち込んでいる(でも好き)。

 

 ショックといえば、もうひとつあって、モードレッドさんの外見年齢が16歳であると判明するところまで進んだ。

 何故ショックかというと、モードレッドさんのあの感じで16歳ならば、♡新宿のアサシンさん♡は間違いなくアンダー26ぐらいだろう。確実に私より年下に見える。2人で歩いていても、私の弟とかみたいに見えるわけだ。最悪だ。こんな、名前の前後に♡とかを入れているのが恥ずかしくなってきた。

 でも好き。絶対欲しい。必ず迎えに行くから待っててね!

 そう。私はまだ6章9節。クリスマスイベントに間に合わないとしても、これから楽しいことがきっと沢山ある!とっても楽しみ!FGO最高!

 俺たちの戦いはこれからだ!!

  ☆―――香魚先生の次回作にご期待下さい!