愛しみの上限

かなしみのじょうげん

歯のはなし

 最初に言っておくが、この記事には刀剣男士の真剣必殺や、サーヴァントの立ち絵などが掲載されている。ネタバレに注意されたし。

 

 

 気付いたらもう24日だった。ここは東京、私の実家は福島県(主人は東京の人)なので、年末は実家に帰省するという行事がある。

 驚くことに、今日まで毎日、それこそ朝から晩までFGOしかやって来なかった。FGOのことしか考えておらず、年末への意識が低すぎたせいで、冷蔵庫の中には、先日JA(ドイツでいうところのYESではない)で買った詰め放題のジャガイモとタマネギが、ほとんど消費されないままそれぞれ8個ずつ残っている。

 私はあの詰め放題のとき、どうせ2人だしそんなに食べられないと思い、控えめに詰めたつもりだったが、横から知らない、店員でもない翁が、私の袋にポイポイと勝手にジャガイモやタマネギを放り込むので、図らずもいっぱい買ってしまった。

 マジでやめてくれという意思表示のために「こんなに食べられないや」と申し上げたら「ハハハ」と言って去っていったので、多分そんなに害なき妖怪のたぐいだったのだろう。「ハハハ」と反応した点から、人語を理解していたと考えられるので、恐らく雑魚ではなく高等妖怪だ。ぬらりひょんとかそういうヤツだと思う。CV.福山潤さんではなかったので、奴良リクオではないことは確かだ。

 

 さて、私の年末に対しての意識が低すぎるばかりに、ジャガイモタマネギ詰め放題の話に10行も使ってしまった(入力画面でのカウント)が、改めて、現在6章9節、43,000玉の余だぞ!

 日本号までもう少しだ!太陽の輝きをもって!(ブレス)お前を焼き尽くそう!(ブレス)今、ここで!!!!!フフ……フハハハハハハハハ!!!!!!!!!!!!

 

 この記事を書いている経緯だが、FGOを始めて2週間あまり経った昨今、12/25まで開催のFGOイベントが終了するまでに、何とかイベントに参加するべく頑張っていたところ(7章ぐらいまで終わってないと参加できない)、6章で出てくるファラオがあまりにかっこよすぎて圧倒的ペースダウンをしている。ストーリーを一字一句漏らさずすべて読んでいる。

 ファラオの見識の高さと好みすぎる顔と肉体に見惚れている内に、なんかもう多分イベント終了までに間に合わない雰囲気が出てきたので、諦めてこれを書いている。

 ♡新宿のアサシンさん♡はまだ出ていない。クリスマスプレゼントに♡新宿のアサシンさん♡が欲しかった。

 本丸でもカルデアでも、こんなにも美男美女に囲まれた生活を送っているというのに、さらに♡新宿のアサシンさん♡が欲しいなどと、流石に強欲が過ぎるかも知れない。もっと欲を言えば、絶対に無理だと思うがクー・フーリン・オルタも欲しい。

 今日のログインボーナスで貰った呼符と聖晶石10個では、「不夜城のアサシン」という可愛い子が出た。嬉しい。しかしアサシンちがいである。「不夜城」を「新宿」にするだけで願いが叶ったのに、この3文字があまりに違い過ぎた。強欲な悪い子にはサンタは来ない。来てくれているのは、最高のフレンドの「ジャンヌ・オルタ・サンタ・リリィ」と、「アルトリア・ペンドラゴン[サンタオルタ]」ぐらいだ。まじで可愛い。論理的です!ロジカルです!なるほど!トナカイに乗る!!!!!!!

 

 話は戻るが、今回書きたいのは「」についてだ。話題としては、年末年始もクリスマスも関係なく、何を血迷ったのかと思うだろうが、もう胸がはち切れそうなので書く。胸はないが。

 ちなみに上に書いた「(ドイツでいうところのYESではない)」というのは、すごく分かりにくいと思うが「私は『ヘタリア』も嗜んでいますよ」というささやかな意思表明として受け取ってやって欲しい。私はスペイン領所属だ。今度香水を買いに銀座に行く。見えない推しの幻影を探しにザギンに行くのだ。最高。超絶楽しそう!アイラブ・ふそそそ~

 

 【フェチ】

 先に「フェチ」の話をする。

 「フェチ」というものは、正直よく分からない。「フェチ」の話になった場合によく挙げられる「男性の鎖骨」「男性の手」「男性の背中」「男性のにおい」などは、大体の女性が性的魅力を感じる傾向にあるようで、もちろん私もその例に漏れず、好きな人のそれらを好ましく思う。だから、それは特別「フェチ」というまでもないことなのだ。言うなれば女の「本能」だ。

 女性は遺伝子が遠い異性を本能的に嗅ぎ分けるという。これは種の全滅を防ぐためといわれるが、正確な出典は忘れたから、もしかしたら都市伝説とかかも知れない。

 しかし考えてみれば、鎖骨や手・背中というのは、特に汗をかきやすいパーツである。要するに大体の女は「好きな人のにおいが好き」という訳だ。逆に言えば「においが好きだからその人が好き」なのかも知れない。

 つまりそうなのだ。そんなことは当たり前なのだ。だからザギンに推しのにおいを求めて繰り出すのだ。当たり前のことは、特別「フェチ」というまでもなく、「みんなそう」なのだ。

 

 だから私は、「何フェチですか」と聞かれたときに、当然の如く魅力を感じているそれらには言及しない。「みんなそう」なものを敢えてすっ飛ばして、私はこう答えている。「歯です」と。

 

 【歯フェチ】

 私は怒(いか)っているのだ。三次元で「フェチ」について聞いてくる奴は、男女問わず、「フェチ」について他人に聞く心構えが足りない。私が「歯フェチです」というと、大抵はそこそこ引かれる。自分で聞いておいて引くとは失礼である。

 既に友人関係にある優しくもユーモラスで理解のある令嬢たちは、引かないで、「その心は?」といった調子でちゃんと私の話を聞いてくれるが、それ以外の「なにフェチか」を聞いてくるタイプの人間は、あまり深く考えないまま、それを問うてくる。鎖骨とか手とか、そういう無難な感じの反応を予想しているのだろう。

 まあ分かる。日常生活でいきなり「鎖骨」「手」「背中」フェチ以外の存在を耳にする機会を想定するかというと、無いかも知れない。「においフェチ」とかでようやく、◯◯ちゃんヘンタイだね!というイジりが出来るかどうかぐらいだろう。そして彼らの多くには、想定外のことに瞬時に対応出来る度量はない。

 しかし私は貴様を信用し、自分の信念に基づき真面目に答えてやっているのだ。「歯フェチ」だと。もっと言うなら「下の歯フェチ」だと。そこは何とかして話を広げるか、よりディープな路線に持っていくよう努力するところだろう。

 せめて愛想笑いぐらいしろ。なに普通に引いてんだよテメェ。もう怒った!絶望による死を赦す!!!!!!!!!!!!!

 

 

【歯の供給】

 熱くなってしまったが、三次元では往々にして上記のようなことが起こりがちだ。これだから三次元は。

  大昔に、テレビで戸田恵梨香が「男性の耳の後ろのにおいフェチ」を自称・告白し、楽し恥ずかしそうに笑っていた。私はむしろフェチについて語り、一人で異常に盛り上がっている戸田恵梨香の口元に興奮した。戸田恵梨香ぐらい可愛かったら話は別なのだが、私が戸田恵梨香ではないばかりに、ちょっと変なフェチを告白すると、普通に引かれてしまう。

 しかし二次元に生活の主軸を置く人々の中では、「歯フェチ下の歯フェチ」はそう珍しいものでもないと思う。

 いっぽうで、何故か二次元世界においても、描く歯に力を入れている人が多いかというと、恐らくそうでもない。

 

 ここで二次元代表として『刀剣乱舞』の立ち絵を例に、歯の供給を数えてみよう。

 まず歯が見えている刀剣男士は以下だ。刀派ごとに分ける。なお、私は今気付いたのだが、髭切膝丸に該当する刀派は存在しないようなので、念のためここに記しておく。

 

【三条】→2振(小狐丸・岩融)

【三池】→1振(ソハヤノツルキ)

【青江】→0振(数珠丸恒次はいないので、見えていたとしたらカウントできず申し訳ない)

【粟田口】→3振(博多藤四郎・五虎退・包丁藤四郎※包丁藤四郎は極含む)

古備前】→1振(大包平)

【来】→1振(愛染国俊※極含む)

【村正】→1振(千子村正

【貞宗】→3振(物吉貞宗※極のみ・太鼓鐘貞宗・亀甲貞宗)

【長船】→0振(縁が無過ぎて燭台切光忠大般若長光しかいない。正確でなく申し訳ない)

【左文字】→1振(宗三左文字)

【兼定】→0振

【堀川】→1振(山伏国広)

【虎徹(?含む)】→1振(浦島虎徹※極含む)

【その他】→4振(大和守安定・陸奥守吉行・獅子王・巴形薙刀

 

 以上、合計19振。19/91振だ。1/4にも満たない。下の歯どころか、歯が見えているかどうかを数えただけですら、上記のように圧倒的供給不足だ。こんなにも(個人的な)需要があるにも関わらずだ。

 上記は刀帳の立ち絵(1枚目)に限定したため、より少なく見える結果となったが、1枚目に限定しなくとも、私がふぇぇ……最高しゅぎゆ……と涙を流すレベルの下の歯を持っているのは、真剣必殺の時の三日月宗近と、立ち絵の小狐丸ぐらいだ(沙汰先生ありがとうございます最高です!!!)。

 これぐらいの口の開け具合で、下の歯が見えていて欲しいのだ。

 

f:id:kyonyuhantai:20171224115447p:plain

真剣必殺時の三日月宗近

 

f:id:kyonyuhantai:20171224115156p:plain

立ち絵(1枚目)の小狐丸

 

 ちなみに、真剣必殺時の獅子王もなかなかに良い。少々意趣が変わるが、同じく真剣必殺時の加州清光や後藤藤四郎も、大きなお口を開けているから見えてしまっている下の歯が可愛い。 

 

 念のため言うが、特別美しい種類の芸能人とかですらない三次元男性の下の歯には、別段興味がない。だから三次元でフェチを聞いてくる奴の歯になど興味はないのだ。デリケートな話題かも知れないのでふわっと触れるぐらいにしておくが、ゲイやレズをカミングアウトして、同性に引かれるという状況と同じような心理が働いている気がする。自意識過剰野郎は滅びよ。ファラオに刃向かう愚か者めがッ!

 

 しかし私はこの、ひとつのゲームにおける、下の歯の供給が極限にまで薄い状況を、普通なのだと思っていた。普通というか、こういうものなのだなと思い、溜飲を下げていた。何しろゲームはとうらぶしかやったことがなかったからだ。

 

 でもFGOは違った。

 

 【下の歯祭り】

 FGOはすごい。本当に驚く。絵が何枚も用意されているので、大体のサーヴァントに、口を開けている絵がある。

 取り急ぎメインストーリーからのスクショなどを撮り貯めたので見て欲しい。

 

f:id:kyonyuhantai:20171224131159j:plain

ドレイクさん、モードレッドさん、アンデルセン、ビリー

f:id:kyonyuhantai:20171224131207j:plain

ロビンフットさん、クー・フーリン・オルタさん

 

 すごくないですかこれ!?!?!?

 

 みんな下の歯が見えるの!!!!!!!ロビンフットさんとかイケメン過ぎて白目むく!!!!!!!!!!!!クー・フーリン・オルタさんもかっこよすぎて目も合わせられない!!!!!!!!!!!

 まさに下の歯祭りや!!!!!!!!!

 

 ファラオに至ってはもう顔から髪型から首元から胸から何から本当にさいこう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 しかも基本的にほとんど口開いてる……最高……だいすき……毎日眺めたい……かっこいい……つらい……。

f:id:kyonyuhantai:20171224131213j:plain

ファラオ オジマンディアスさん

※どうでも良いと思うが、持ってるサーヴァントを呼び捨てで、持っていないサーヴァントをさん付けで呼んでいる。

 【下の歯の素晴らしさ】

 多分これを読んでいる皆さんは、私がこの記事でアップした数少ない画像で既に、下の歯の魅力に取り憑かれていることと思う。致し方ない。当然だ。素晴らしきかな下の歯。下の歯フェチになって然るべきだ。なにしろ最高なのだから。下の歯は。特にFGOのそれは。

 しかし、如何せん私はまだ6章9節なのだ。俺たちの戦いはこれからだ!なのだ。

 進度としては、まだ、ガウェインさんに途中で許して貰って、その後一回倒して、ガウェインさんが王にぶっ飛ばされて、ダ・ヴィンチちゃんが……。そしてハサンたちの協力を得て玄奘三蔵を助け、さらに俵藤太を解放した辺りなので、きっと今後もファラオの美しいお顔や肉体を拝めるのだと思うが、私が危惧しているのはその後の7章だ。

 どうやらギルガメッシュが出て来る(これ色見えてる?)。

 

 ギルガメッシュはキャスターのを持っている。もうかなり好きだ。先日「マイルーム」でお気に入りを設定できると知り、即ギルガメッシュにした。戦闘では、よく子ギル・ギルガメッシュ(キャスター)・フレンドのギルガメッシュとかの編成で、全部ギルくんみたいにして喜んでいる。

 何が好きってカラダが好き。ファラオもそうだが、FGOには、肉付きがちょうど良い感じで、体つきがよく分かるような服を着ている(もしくは服を着ていない)サーヴァントが多過ぎて、「顔が好き」「声が好き」以外に新たに「カラダが好き」という状況が生まれている。

 カラダが好きって流石に最低な気がしており、自分でも少し落ち込んでいる(でも好き)。

 

 ショックといえば、もうひとつあって、モードレッドさんの外見年齢が16歳であると判明するところまで進んだ。

 何故ショックかというと、モードレッドさんのあの感じで16歳ならば、♡新宿のアサシンさん♡は間違いなくアンダー26ぐらいだろう。確実に私より年下に見える。2人で歩いていても、私の弟とかみたいに見えるわけだ。最悪だ。こんな、名前の前後に♡とかを入れているのが恥ずかしくなってきた。

 でも好き。絶対欲しい。必ず迎えに行くから待っててね!

 そう。私はまだ6章9節。クリスマスイベントに間に合わないとしても、これから楽しいことがきっと沢山ある!とっても楽しみ!FGO最高!

 俺たちの戦いはこれからだ!!

  ☆―――香魚先生の次回作にご期待下さい!

「衣装」構造判明の件

 おはようございます。FGOメンテ中だね。

 それはさておきこれを御覧いただきたい。

 

 

 ご覧の通り、『刀剣乱舞』公式ツイートで公開されたイラストにより、刀剣番号69番(極70番)太鼓鐘貞宗 の戦装束の首周りの構造が、やっとこさ公表された。

 

 ご存知でない方のために申し上げるが、太鼓鐘貞宗はわたくしの推し6(おししっくす)の一員(推し6の詳細は以下の過去記事を参照されたし)で、かの伊達政宗の二男、陸奥仙台藩の第二代藩主 伊達忠宗が所有した短刀だ。

kyonyuhantai.hatenadiary.jp

 

 太鼓鐘貞宗の『刀剣乱舞』におけるキャラクターとしては、「派手でかっこいい」を自称し、常に盛り上げ役に徹する男前イケメンショタ(※ショタの年齢層には諸説あるが、太鼓鐘貞宗の場合は恐らく小学校高学年から中学一年生程度と思われる)である。

 余談だが、太鼓鐘貞宗の口癖は「派手に~」で、「派手に~」が口癖のキャラクターを私は他に『ONE PIECE』道化のバギーしか知らないので、これは推測だが、太鼓鐘貞宗は週刊少年ジャンプを購読している可能性がある。外見年齢的にもそうおかしくはない。

 

 話は戻って、今回お伝えしたいのが、この『刀剣乱舞』における、太鼓鐘貞宗の衣装構造の判明についてだ。

 

 先に謝罪しておくが、今回はハレンチな話が多くなる。申し訳ない。何しろまず「真剣必殺」のことを説明せねばならないからだ。やれやれだ。

 

 

【「真剣必殺」】

 さて、『刀剣乱舞』には、「真剣必殺」というものがある。

真剣必殺」を簡単に説明すると、『刀剣乱舞』における「本気を出すための状態」のことである

 FGOで言う「宝具」を使うのと同義だ。『ONE PIECE』で言う、ルフィの「ギア2」、『NARUTO』で言う、ナルトの「仙人モード」や「九喇嘛モード」、『テニスの王子様』で言う、越前リョーマがラケットを左手に持ち替えた状態だ。

 

 繰り返すようだが「真剣必殺」について説明するのには少々骨が折れる。

 「真剣必殺」を初期刀の加州清光Ver.で初めて見たとき、私は衝撃を受けた。27歳当時の私はプレイ中、「え?脱いだんだけど」と、仕事を辞めてから初めて、腹から声を出したと記憶している。

 

 

【「脱ぐ」について】

 いきなりの質問で恐縮だが、あなたは今まで、好きな人が目の前で服を脱ぎ、半裸になる姿を、どんな状況で見てきただろうか。

 頭のおかしい質問だと自覚しているので、どうか引かないで欲しい。ちなみに私が見たのは、水泳の授業前だけだ。

 マンガやアニメでも、好きな人の裸体を見ることがあると思うが、私の歴代の推しはあまり人前で脱ぐタイプではなく、せいぜい主人公の後ろの方で地味に着替えをしているシーンが雑に描かれる程度だった。

 何故か『おそ松さん』でだけは、推しの謎なまでにツルッツルなケツまで見える素っ裸シーンや、「シコ松」(モザイクあり)のシーンや、銭湯の湯から局部(モザイクあり)だけを出しているシーンなどを死ぬほど見せられた気もするが、それ以外の推しは基本、コマ割り的にでかでかと脱ぎのシーンが描かれることが無かった。

 つまり、私の中ではほぼ、「好きな人が目の前で脱ぐ」イコールこれから抱かれるときなのだ(私の記憶が正しければ『Free!』の松岡凛が堂々と脱いでいたが、『Free!』は水泳の話なので、水泳にカウントする)。

 私は東北の田舎出身だが、東北の田舎出身の女なんて、どんなに男性慣れし、知識がある方でも、「好きな人が目の前で脱ぐ」ことについては大抵みんなそんな認識だろう。多分佐々木希秋田県出身)や橋本マナミ(山形県出身)や伊東美咲福島県出身)だってそうだ。

 しかし『刀剣乱舞』は、ゲーム開始初日、私にいきなり世界一かわいい(かっこいい)男の裸を見せつけて来たのだ。いきなりセッ◯ス開始かと思わせる演出

 これが「真剣必殺」である。

 これ大丈夫かな?はてなってこういうこと書いて大丈夫?規制とかされない?ドキドキ

 

 この衝撃を、男性に伝えるのは難しいかも知れない。なぜなら男性というものは、精通を迎える頃から、ある一定の年齢まで、大抵は好きな女やグラビアタレントの裸を想像しては日々励んでいるからだ。そしてそうやって本番に備えているからだ。きっといきなりセッ◯スになっても大丈夫なのだろう。童貞を捨てるまで、大体の男は妄想の中で、100回は好きな女を犯している。

 いっぽう女は生理が来ても、私を含めてその多くが、好きな男の体を想像し、別の行動で昇華するようなマネをしないだろう。別段ウブでも何でもなかった私だが、『刀剣乱舞』プレイ初日での真剣必殺はさすがに「やッ……清光ったら大胆……!」と赤面した。紅顔の美少年に目の前で脱がれたら流石に誰でもそうなる。しかも加州清光はCV.増田俊樹だ。普通に死ぬ。

 

【「真剣必殺」で分かること】

 しかし、そんなハレンチ極まりない真剣必殺で、分かることもある。刀剣男士の戦装束の構造だ。

 そんなもの知ってどうする?と思う人は、多分今後このブログを読むのに向かないと思うので、ページの戻るボタンを押し、見なかったことにして欲しい。そして仕事とかのリアルで私と会う際には、ここまで見たすべてのものを無かったことにし、私とは少し距離を置いてやって欲しい。それを見て私も察する。仕事上ではこういう話しないから。とりあえず会社の人とかには言いふらさないで。頼む。そんな目で見ないで!

 

 話を戻すが、真剣必殺では前述の通り、ほぼすべての刀剣男士が上半身裸になるか、少なくともヘソぐらいは見える。その為、普段の戦の時にめちゃくちゃ厚着をしている彼らの衣装の構造が分かるのだ。

 粟田口という刀派に関しては、普段はカッチリとシャツにネクタイをし、その上から上品で厚くて丈夫そうな制服みたいな上着を着ているのに、真剣必殺で見えるシャツの下はまさかのノーインナーで、それ真剣必殺しなくても上着を脱いだらスケスケなんじゃない!?大丈夫!?全審神者得(トク)だけどもっと自分を大切にしてェ!><。というレベルのことまで分かる。

 

 しかし太鼓鐘貞宗はどうだ。真剣必殺をしてすら、ネクタイをしているのか、していないのかすら分からない。なんか黒い金属の首鎧?ってやつを着けていて見えない。流石にガードが硬すぎる。推し6の他のみんなはネクタイをしている。なんで貞だけ教えてくれないの!!!!!!!!!!!!

 

【ネクタイの有無】

 ネクタイの有無がそんなに大事かという話だが、大事なのだ

 まず妄想において、首に腕を回してハグする時に、ネクタイがある場合は気を使う。結び目が胸(ないけど)に当たって痛いからだ。

 ちなみに戦装束フル装備のままハグしにかかる審神者は多分いない。刀剣男士の戦装束は、篭手や肩甲や腹当てがついており、痛いからだ。あとやたらボタンとかポンポンとかの装飾もついていて痛い。加えて、服が厚いので、妄想時には基本的にある程度、ジャケットぐらいまでは脱いでもらうのが一般的だ。ハグとはお互いを預け合い許し合い感じるものなのに、そんなに分厚い布を隔てては、感じるものも当然感じられないだろう。

 

 また、ネクタイがある場合は、ハグするにあたり、私に気を使って途中でネクタイを外してくれるというパターンもあり得る。

 特に私の推し6は極めて紳士で、前の主が天下人本人やその家系・家来であったり、刀自体が国宝であったりするので、礼儀作法や他人の前での立ち振舞は一級品である可能性も高く、それぐらいは多分普通にする。

 どれぐらい一級品であるかというと、最推しの後藤藤四郎を例に挙げれば、前の主は徳川三代将軍家光の長女 千代姫で、銘は吉光、名物 後藤藤四郎(国宝)であるので、そのステータスを人間に換算すると、生まれも育ちも一流で、女の扱いにも慣れており、頭脳明晰文武両道眉目秀麗謹厳実直勇猛果敢非の打ち所のない男といったところだ。

 ネクタイをしていないパターンでも、装備を解いたらどこまでボタンをはずすのか、どういう形の襟付きシャツなのか(太鼓鐘貞宗は装備を着けていてもちょっとだけ襟が見えるが、特定までは出来ない)、どのタイプのボタンなのかなどで、ハグの感触が変わるだろう。

 

【太鼓鐘貞宗のパターン】

 そして今回、この『刀剣乱舞』公式のツイートによって、太鼓鐘貞宗がネクタイ着用なのか、ノーネクタイなのか、どこまでボタンをはずすのか、どういう形の襟なのかが判明した。加えて、ある程度着崩す場合でも、ベストは脱がないことも分かった。妄想するには充分な材料だ。あとは妄想する者の技量で、ベストやシャツの素材が何か、香水をつけているかどうかなどを補えば良い。

 今回の公式ツイートは、以上のように、今まで真剣必殺をしてすら不明だった太鼓鐘貞宗の「衣装」の構造を、私たち夢女に教えてくれたのだ。これを知るまでは死んでも死にきれないと思っていたが、これでやっと、万が一明日車に轢かれて死んでも、大丈夫。先を急ぐ道中に敵が現れても、「私はいいから先にいけ!」と仲間に言える。

 神様ありがとう。運命のいたずらでも めぐり逢えたことが しあわせなの。

 とうらぶ さいこう。みんな だいすき。可能であれば、彼らと結婚したい。いっそ私が人間でなくなってもいい。

 

 

【さいごに】

 

 ところで話は変わるんだけど、先日『刀剣乱舞絢爛図録』を買って見たところ、私の推し6の詳細は、二人分しか載っていなかったよ。貞以外の衣装についても、妄想のために一刻も早く必要なんだけど、次巻はいつ出るのかな?

 とうらぶを始めてもう一年も経つのに、刀剣男士とは、手を繋いだり現代でデートしたりとかのプラトニックな関係しか持てていないので、そっちも是非早くお願いしたいところである。

 

www.nitroplus.co.jp

 

 おわり

フラれた。

 読んでいる人にはどうでもいいと思うが、先日好きな子にフラれた。

 すごく悲しいので、愚痴を聞いて欲しい。

 

 私は今、わりと可愛い子の多いサークルで生活をしているが、この生活を始めてすぐ、その中でもダントツに可愛い子に一目惚れした。

 今の御時世でこういう表現をするのは少しはばかられるが、一言で言うと女の子らしい子だった。目がぱっちりしていて、服装はいつもスカート。性格は明るくて、よく笑う元気な感じの子。

 

 自分で言うのも何だが、私はモテないわけではないと思う。実を言うと、そのサークルの他の子に、告白じみたセリフを言われることは多い。複数の子から、「優しいんだね」とか、「誰に対しても、そんなに優しいの?」みたいに、わりと言われる。

 誰からもはっきり告白されてはいないので、知らないふりをしているが、(勘違いだったらかなりイタい奴だし笑)、少なくともみんなから嫌われているわけではないだろう。

 

 そういう私なのだが、本命にはあっさりフラれた。

  フラれた理由は、なんとなく心当たりがある。ゲームばかりやっていることだ。

 朝起きたらすぐに『とうらぶ』を起動して、遠征部隊を迎え入れ、また送り出す。先の記事に書いたが、『FGO』も始めた。そのため、せっかくのその子との時間を、あまり楽しいものに出来ていなかったかも知れない。

 

 加えて、少々しつこくし過ぎた感じもある。常にそばにいて欲しくて、私が経営している施設に来てくれるようお願いした。途中から、彼女は半ばそこに住んでいるようなものだった。それについて彼女がどう思っていたかは分からない。口では嬉しいと言っていたが、今となっては本心ではなかったのかもと思う。

 

 とはいえ確かに好きだったのだ。だったと言うか、今も好きだ。こんな話をするのもアレだが、かなり貢いだ。家具とかを買ってあげたこともある。それも彼女が快く思っていなかったのなら、ただの押し付けにしか過ぎないのだが……。

 

 ちなみにフラれ文句はこれだ。

 

f:id:kyonyuhantai:20171210171116p:plain

f:id:kyonyuhantai:20171210171133p:plain


 ブーケ本当にかわいいよね~~~~~~!!すきーーーーーーーーー!!!!!!!!めっちゃ友達を強調してくるけど!ああーーかわいいよ~~~~~!!!!!!!!!!フラれたけどずっと好きだよーーーーー!!!!!!!

 私のどうぶつの森ポケットIDは 1807 3789 550 です!(藤四郎という名前でやっています)

 フレンド申請をしてくれる際は、誰だか分からないと困るので、DMかラインください!よろしくね~~~!!

 

驚くことがあった。

 鬱憤の溜まる労働生活を送る傍ら、夜な夜なソシャゲ画面を前に涙を流して推しを慈しみ褒め称えている皆さん、おはようございます。

 昼間から推しのあれこれを推し量っては、胸を押し潰されそうになっている主婦です。

 実際、胸はないんだけどな。

 

 さて、ブログを書くのは、多分五年ぶりとかそれぐらいだ。

 五年もの間に何も書かなかったのは、単純にめんどくさかったからなんだけど、そんなめんどくさがりな私が、何故五年ぶりにブログを書いているかというと、すごく驚いたことがあったからである。誰かに聞いて欲しい。

 

  本題の前に、便宜の関係で私のことを説明すると、

私は現在アラサーで、適当に学生をやったり、営業職とか事務職とかをやりつつ、うすぼんやりマンガやアニメにハマっては、やれ誰がかっこいいだの、誰々のここが好きだのと、ツイッター香魚 (@ayutan03) | Twitter)推しへの愛をつぶやきながら生きてきた人間だ。

  世の中に「オタク」という人種がいるが、正直私は「オタク」と呼ばれる程ではないだろう。

  何でもわりとライトな嗜み方をする方なので、好きな人を、尊敬すべきオタクの皆さんのように「推し」とか言うのも、なんだか恥ずかしいくらいだ。

 

  どれくらいライトな嗜み方かというと、

 今で言う「夢女子」という概念を知るはるか昔から、正確に言えば『美少女戦士セーラームーン』のアニメに出て来たタキシード仮面を見てから、夜な夜な寝る前にタキシード仮面(まもちゃん)とのラブラブなシーンを妄想するような幼女だった。

 十代の頃には、とある世界で夢小説関連のサイトを持っていた。言うなれば妄想生まれ夢小説育ちといったところである。

 

 ちなみに書いていた夢小説のジャンルは「生モノ」だ。実在の人物で妄想するやつだ。

 検/索/避/けや、鬼スクロールの先に二重三重になっているリンクの末のリンクを踏んでもらったり、それ界隈のファンなら分かる「鍵」と呼ばれるパスワードを入力してもらったりしないといけないやつだ。

 

 書いていて吐きそうになって来たが、極めてライトな話だから気にしないで欲しい。声を大にしては言えないだけだ。

 

  そして今現在は、一年前に始めた『刀剣乱舞』というゲームと並行して、『Fate/Grand Order』 というゲームをやりながら、苗字を後藤と名乗っている。

  苗字が後藤である理由は、『刀剣乱舞』刀剣番号35(※極36)番、後藤藤四郎と付き合っているからである。

 後藤とはまだ結婚にまでは至っていないが、本丸という同じ屋根の下で、一日の大半を共に過ごしており、もはや結婚と言っても過言でない状況であるので、後藤姓を名乗ることを許して欲しい。

 

 『刀剣乱舞』と『Fate/Grand Order』の名前を出したが、最近になるまでゲームはやったことが無かった。

  実家にゲームは無く、90年代に死ぬほど流行った「たまごっち」すら持っていなかった。実家を出て社会人になっても、自分でゲームを買うことは無かった。幸い(?)人並みにマンガは読んでいたし、十代後半ぐらいからアニメはいくつか観ており、私のTLは、それらを知る、尊敬できるオタクたちのツイートで概ね満たされていた。

 

 そんな中、約一年前のことだが、複数の敬愛すべきオタクたちから、『刀剣乱舞』通称とうらぶを勧められた。

 よく分からなかったけれど、ピクシブでフォローしいている絵のバカ上手い人たちが、私の大好きな『Axis Powers ヘタリア』(※当時ピクシブのランキングを席巻していた)以外に、『刀剣乱舞』の絵を続々とアップし出したので、『刀剣乱舞』を知ることでピクシブライフがより快いものになるだろうと考え、オススメされたのをきっかけに、唐突に始めた。

 

 言うまでもなくハマり、初期刀である世界一かわいい加州清光夢時代を経て、紆余曲折の末、現在は前述の通り後藤藤四郎の女をやっているが、つい先日、当時『刀剣乱舞』を勧めてくれたオタクたちに、さらに『Fate/Grand Order』を勧められた。

 

 今回聞いてほしかったのが、この『Fate/Grand Order』についてだ。

 

 

FGOコラボ】

 

 『Fate/Grand Order』通称FGOを始めたのは六日前で、今やっとTLの皆さんがツイートしているFGO関連の内容が、うっすら解ってきた。

 

 晴れてフォロワー達のFGO関連のツイートやリツイートを楽しむ日々が始まったわけだが、そこでいきなり目に飛び込んできたのがこれだ。

 

f:id:kyonyuhantai:20171209085241j:plain

  上の画像は、TLで見かけた、FGOとカラオケ パセラとのコラボで生まれた、

FGOサーヴァント「新宿のアサシン」さんが、パセラの制服を着てコラボメニューを運んでいる絵が描いてあるオリジナルコースターを模した絵であるが、私はこれにびっくりした。えっ!!! と、思わず腹から声が出た。

 

※画力はさておき、とりあえず画像転載はダメかなと思ったので、私がiPhoneに指で描いた画像にしておく。
(本物は各自検索か、パセラでゲットしてね!)

 

  FGOの民は、何をそんなに驚いたのかと思うだろう。しかし、とうらぶだけをやって来た人には分かるはずである。

 とうらぶではあり得ない状況だからだ。

 

【『刀剣乱舞』について】

 

  『刀剣乱舞』とは、刀の付喪神である刀剣男士を、敵と殴り合わせ、斬ったり刺したり首をはねたり、ブッスリいったり、主君のためにケリつけたり、お命貰ったりを、ストレートに「ぶっ殺してやる!」とかのセリフ付きでやらせる、女性向けシュミレーションゲームとは名ばかりの、非常にエキセントリックなゲームである。キャラクターのバリエーションは非常におかしな方向に広く、酔っぱらいの刀剣男士とかも普通にいる。

 

 また、「推しが現存する場合がある」ことで、北は北海道から、南は九州まで、幅広く展示イベントが開催され、日々全国の審神者の心をザワつかせている人気ぶりだ。

 

 グッズ展開も華々しいもので、推しのストラップや文房具は勿論、各刀剣男士をイメージした靴やバッグ・時計などまであり、財布の紐が緩まない日はないという審神者もある程。

 

 しかし、いかなるグッズでも、刀剣男士たちが、いつもの戦装束や内番服を脱ぐことは無かった

 ゲーム内でも、基本的には絵は動かず、刀剣男士の口が開いていない絵にも関わらず、びっくりするほどベラベラと喋っているみたいな、謎の状況も日常茶飯事だ。

 

 そういう理由で、アニメ『刀剣乱舞 花丸』や『活撃 刀剣乱舞』が放送された時、すべての審神者は狂喜乱舞し、テレビの前でひれ伏し、ツイッターは感謝の言葉であふれた。

 多くの審神者がこうつぶやいた。「推しが動いてる!!!!!!!!!!!」

 

 

 【とうらぶとFGO

 

 とうらぶとは上記のようなゲームだ。

 いかに、オタク女同士で内々に、周りの目を気にしながら集合し開催する推しを愛でる会ぐらいでしか使えないバッグや靴が発売されようと、いかに推し(本体の方)に会いに行けようと、推しはアニメでしか動かない

 それがどうだ。

 この、FGOというゲームでは、推しが動くではないか。

 

 FGOを始めてまず、サーヴァント(キャラクターみたいなこと)が動くのに驚いた。

 それもめっちゃ動く

 

 戦闘の時は、なんか小さいアバターみたいになって動く

 とうらぶの戦闘画面では、最大六振りの編成で、順番に回ってくる攻撃時に、推しの立ち絵みたいなのが、左からスッと現れては右にスッと消えて行き、傷付いたら絵が傷付いたバージョンの絵に切り替わるだけだ。

 

 いっぽうFGOは戦闘中、始終動く。自分以外のサーヴァントの攻撃の時にも動く

 宝具を発動(必殺技みたいなやつ)させるときは、敵と対峙している戦闘画面からいったん離れ、CG技術満載の、攻撃前のタメみたいな映像が入る。

 

 そして武器である凶器や銃火器をぶん回したり、銃火器を鈍器に変形させて相手を撲殺したり、何もない空間からいきなり沢山の凶器を出して敵をめった刺しにし、時には敵が死んでも攻撃し続けたりする。

 とにかく圧巻の動きなのだ。すごいのだ。

 

 

FGOのコースター】

 

 さらに、FGOパセラとコラボして生まれたこのコースターと言ったら、なんと推しパセラの制服を着ているのだ。これが特にとうらぶではあり得ないのだ。

 

  すべての審神者は、刀剣男士たちの戦闘服と内番服以外の姿を、公式で見たことは無い。いっぽうFGOコースターに描かれた、私の大好きな新宿のアサシンさんは、「新シン」と書いたネームプレートを着け、パセラ制服の茶色いシャツを着て、ちょっと笑ってしまうほどパッツパツな胸元を晒している。しかも胸の露出が酷い。

 

 細かいことを言うと、とうらぶでは胸がパッツパツになる感じのキャラはマジでガチムチで、例えば蜻蛉切とか、燭台切光忠とかの、リンゴどころかカボチャをすら顔色ひとつ変えずに握りつぶせそうな感じの、ピクシブとかではもはやネタ化しているムキムキ具合の刀剣男士しか、こうは描かれない。

 

 しかしFGOの新宿のアサシンさんは、せいぜいへし切長谷部とか大倶利伽羅ぐらいの、無駄のない感じの細マッチョかなと個人的に想像していたのに、服を着た途端パッツパツだ。最高。この胸で圧迫死したい。

 しかも体術を使う系のサーヴァントなのに、なんかいい匂いしそう!!!!!!顔もさいこうにかっこいい!!!!!!!抱いて!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 とうらぶでは、刀剣男士の大半が、顔のきれいなちょっとキザっぽい感じだったりする中、たまに見た目はどうでもいいから戦に出せみたいな血なまぐさい奴もいて、そいつらは大体「汗のにおいとかがするのでは……」とか思われているのだが(多分)、

 この新宿のアサシンさんはどうだ

 まじやばい。かっこよすぎる。うっかり香水とかつけていそう。よく見たらタトゥーとかも超おしゃれ。イケメンすぎる。その少しチャラい感じもすき!!!!!!!!!!!!最高!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 ちなみにこのコースターは、オ◯マートで6,500円ぐらいの値段がついていた。

 まだまだ値が上がりそうな感じだった。しかし高い値段がつくのも頷ける。この新宿のアサシンさんがかっこよすぎるからだ。

 私も欲しい。普通にパセラ行く。10000000000億万枚欲しい。あとロビンフットさんも欲しい。タレ目なお顔とチャラさが最高。

 ロビンフットさんコースターも最高で、何しろタバコを吸っている。私は喫煙者ではないし、どちらかと言うと副流煙を憎んでいるが、二次元のタバコって大好き。セクシー。抱いてとしか言いようがない。死んでしまう。助けて……

  

 

FGOは最高】

 

 お分かりの通り、今現在私は、開始六日目にしてFGOにどハマりしている。

 強いかというと激弱で、初心者具合が酷く、手持ちの霊基を使ってサーヴァントを「強化」できることに昨日気付いたし、戦闘の前に毎回入る、めちゃくちゃ長いマシュ・キリエライトとその他の会話みたいなやつも、ある程度のスピードで読んで大丈夫だと一昨日ぐらいに悟った。

 三日前にアンデルセンさんの、薬研藤四郎よりギャップの激しい声に驚いたりした。

 

 しかし始めて間もないながらも、私はFGOが大好きになった。初心者でも楽しめるゲーム、それがFGO

 多分いないと思うけど、まだFGOを始めていない人は、即刻始めるのが宜しい。とうらぶしかやったことがない人なら尚更だ。

 

 勿論とうらぶを疎かにする訳ではなく、やっとこさ明日、大倶利伽羅が極になって帰ってくるし、次は鳴狐を修行に出すつもりだ。

 また、私の推し6(おししっくす)である、後藤藤四郎 極・不動行光 極・薬研藤四郎 極・厚藤四郎 極・太鼓鐘貞宗 極・信濃藤四郎 極のレベルも、可能であればこのイベント中に55ぐらいにまで上げたい。

 加えて昨夜は寝る前に、明石国行で、現代遠征での妄想を一発キメた。

 

 そう、とうらぶとFGOを並行して進めること、それが今の私の生きがいであり、旦那が休みの日以外ヒマな三次元の生活での楽しみなのである。

 

 そしてあわよくば、一刻も早く新宿のアサシンさんとロビンフットさんを手に入れたい。

 無理だと思うが可能であれば今日にでも欲しく、FGOのレベルがめちゃくちゃ高い人は、是非フレンドになりたいので連絡されたし。よろしくお願いします。

 

 

 

 最後になるが、この記事を読んでくれた人、ありがとうございます。

 私は、別に個人情報がバレなければ、身バレは問題ないと思っているんだけど、

普通に結構恥ずかしいので、「○○の頃に××で△△の□□を書いていた●●さんですよね!?」みたいなコメントは控えて頂き、是非ツイッターのDMとか、なんかそういう見えないところで連絡をくれると嬉しい。わりとマジで頼む。

 

 あとどうぶつの森ポケットもやっているので、良かったらそっちもよろしくね。

 

 

 以上